ホーム > ケアマネージャーが心がけること

ケアマネージャーが心がけること

ケアマネージャー

高齢者が増えている現代では、介護福祉に関する仕事の需要が増えています。転職を考えている方も、ケアマネージャーや介護福祉士の資格を持っていると有利になります。
ケアマネージャーは、分かりやすく言うと介護のプランを作る仕事です。
被介護者が人間らしい生活ができるように自立支援を行なうことを心がけなければなりません。

 

 

自立支援とは

加齢により身体の機能が衰えると、思い通りに身体を動かすことができなくなり、今までと同じ生活をすることが困難になってしまいます。それ故に介護が必要になるのですが、全てのことを世話するのは自立支援ではありません。自立支援とは、高齢者の意思を尊重し、自分らしく生活するお手伝いをすることです。
自分でできることはできるだけ行ってもらわなければ、筋力は更に衰えてしまいます。
生活をする上で自立できるように、マッサージやリハビリをして身体の機能低下を予防することも考えなければなりません。ケアマネージャーは「自立」を支援するということを忘れないようにしましょう。

ケアマネージャーに必要なスキル

ケアマネージャーになるには、専門知識を多く学びます。
そのため必要なスキルは介護のためのスキルかと思われる方も多いでしょう。
しかし、ケアマネージャーに最も必要なのはコミュニケーション力なのです。
ケアマネージャーの仕事は、介護を受ける側との意思の疎通が必要になります。相手が何をしたいのか、どのような問題を抱えているのかを正確に把握していなければ、より良いケアプランを作ることはできません。
そのため、相手とコミュニケーションを取るスキルが必要になるのです。話しやすい雰囲気作りをし、要望を引き出すことを心がけましょう。また、在宅介護を行っている家族の相談にも応じることもあります。家族とのコミュニケーションを取って、一緒にケアプランを作っていくことが大切です。

 

ケアマネージャーになるためには、資格試験に合格する必要があります。
独学で勉強することに不安があるのなら、IGOの通信講座をご利用下さい。
模擬試験の問題集や用語集など、充実した教材で受験者をサポート致します。
ケアマネージャーの資格は、これからの社会で役に立つものです。手に職をつけるなら、おすすめです。

 

 

ホーム お問い合わせ・資料請求はこちら