ホーム > ケアマネジャーとは > ケアマネジャーの仕事

ケアマネジャーの仕事

ケアマネジャーとは?

介護サービスプランの中心になって活躍

ケアマネジャーは、サービスを利用する方が自立した日常生活を営むために必要となる援助に関する知識と技術を持ち、介護サービス計画の作成や管理をおこないます。仕事のおおまかな流れは下記の通りです。


  1. 要介護、要支援の認定を受けた方や、そのご家族から相談を受ける。
  2. 原則として、相談した方のご自宅を訪問、対象となる方の状況を調査する。
  3. 調査結果より、ケアプランの原案を作成。その原案を利用者と共に修正し、最適なケアプランを作成する。
  4. ケアプラン作成と並行して、居宅サービス事業者、介護保険施設、医療機関などとの連絡調整をおこなう。
  5. 実際のサービスが開始されたら、サービス提供状況の把握および評価をおこなう。
  6. 保険料給付管理に関する業務として、支給限度額の確認、利用者負担額の計算、サービス利用票の作成、サービス提供票作成、給付管理票の作成をおこなう。
  7. 利用者の状況に大きな変化が起こったら、ケアプランを再作成する。
  8. 要介護認定の申請代行や、利用者宅を訪問して認定調査をおこなう。

福祉におけるケアマネジャーの重要性

  • ケアマネジャーは、介護保険制度運用のカナメとなります。
  • ケアマネジャーがおこなう介護支援サービスの良否が、利用者の生活の質を直接左右します。
  • ケアマネジャーは、居宅介護支援事業所、介護保険施設等への配置が義務付けられています。

ケアマネジャーの活躍の場

ケアマネジャーが活躍するのは、主に下記の現場です。

ケアマネジャーの勤務先

市町村等

  • 社会福祉協議会
  • 保健福祉センター
  • 地域包括支援センターなど

介護保険施設

  • 介護老人福祉施設
  • 介護療養型医療施設
  • 介護老人保健施設

その他の事業者

  • 居宅介護支援事業所
  • 訪問看護ステーション
  • グループホーム
  • 短期入所生活(療養)介護
  • 訪問介護事業所
  • 有料老人ホーム
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 複合型サービス など

ページトップへ ▲

ホーム お問い合わせ・資料請求はこちら