ホーム > ケアマネジャーとは

ケアマネジャーとは

介護保険制度において介護を必要とされる方のために、ケアプランの作成やケアサービスの調整・管理をおこなうのがケアマネジャー(介護支援専門員)です。試験に合格後、実務研修を受講終了すると資格を取得することができます。

これまでのケアマネジャー試験合格者は約54万人。しかし、実際の業務に携わっている人はその4分の1とも5分の1ともいわれています。介護保険施設や指定居宅介護支援事業者には、一定数のケアマネジャーを配置することが義務づけられていますが、ケアマネジャーの数はまだまだ不足しているのが現状なのです。

ケアマネジャーという資格

ケアマネジャーという資格 詳しくはこちらから

地域や社会で介護を支える介護保険制度を実施するために生まれたケアマネジャー。急激な高齢化が進む日本で、今後もますます需要が高まっていく資格です。

ケアマネジャーのお仕事

ケアマネジャーのお仕事 詳しくはこちらから

ケアマネジャーは、サービスを利用する方のご自宅を訪問・調査し、介護サービス計画の作成から管理、サービス提供者との連絡調整、そしてサービス状況の把握と評価など幅広い業務に携わります。

ケアマネジャーになるまで

ケアマネジャーになるまで 詳しくはこちらから

所定の職業で実務経験を積んで受験資格を取得した後、ケアマネジャー試験に合格、さらに実務研修、登録というステップを経て、ケアマネジャーの業務をおこなうことができます。

ケアマネジャーが心がけること

ケアマネジャーになるまで 詳しくはこちらから

ケアマネージャーは、分かりやすく言うと介護のプランを作る仕事です。
被介護者が人間らしい生活ができるように自立支援を行なうことを心がけなければなりません。



ホーム お問い合わせ・資料請求はこちら